カプ厳選の守り神。

対面厨の日記

【単体考察】めざ電ゲッコウガの強さと役割について

f:id:o-kidospoke:20180122102305p:plainこか・こーらです。S7お疲れ様でした!今回はS4~S7まで使っていためざ電ゲッコウガについて考察していこうと思います。ゲッコウガだけに焦点をあてるので、いつもの構築記事よりもかなり細かく考察していきます。

f:id:o-kidospoke:20171106125037g:plain

 

 

 

【採用するメリットに関して】

最近のゲッコウガ傾向として

f:id:o-kidospoke:20180122103536p:plain

f:id:o-kidospoke:20180122103520p:plain

f:id:o-kidospoke:20180122103454p:plain

持ち物としてはタスキ水zが多いイメージで、体感潜っていると、命の珠はほぼいない感じでした。技に関しては、タスキゲッコウガであれば、ダストもちがかなり増えた印象でした。タスキダストであればカプ系にかなりつよくなるのもいいですね。ですが今回は、珠変幻自在最速ゲッコウガという視点で話を進めます。

 

前置きはここまでにして本題です。なぜめざ電を採用しているのか?

それは、ゲッコウガにあと投げされるポケモンに対しての刺さりがよい、ミラーへの性能アップ、電気タイプになることでのメリットなどがあります。

 

ゲッコウガにあと投げされる役割対象となりうるポケモン

f:id:o-kidospoke:20180122110623g:plain
f:id:o-kidospoke:20180122110553g:plain
f:id:o-kidospoke:20180122110514g:plain
f:id:o-kidospoke:20180122110447g:plain
f:id:o-kidospoke:20171106125007g:plain
f:id:o-kidospoke:20171106125037g:plain

ざっとこんな感じ。ゲッコウガは、これらのポケモンをすべて特定の型によっては崩すことができます。ですが、珠めざ電であればこれらすべてを相手のサイクル下で崩すことができます。
 この崩し性能がひとつの採用理由となります。

 

ゲッコウガミラーに関して~

f:id:o-kidospoke:20171106125037g:plain

ゲッコウガがスカーフでないと判断できる場合かなりミラーで勝てる確率が上がります。また最近増えた最速をとっていない(控え目など)、激流である場合上から確定で持っていけるということも要因としてあります。

 

~電気タイプになることのメリットについて~

f:id:o-kidospoke:20180122112417g:plain
f:id:o-kidospoke:20180122112128g:plain

主にこの辺り。ジャローダ関してはタスキを盾に蛇にらみをしてくるのでそれをすかせる。害悪系パーティーのマヒ展開を阻止できる。(勝てるとは言ってない)

コケコに関しては、コケコが出てくる前に電気タイプになることで、10万をたえるという芸当が可能となる。

 

 

ちなみに・・・・

f:id:o-kidospoke:20180122115544g:plain

全く触れていなかったので触れておくと、正直僕にとっては副産物でした。最近はメガされることも多くなり、正直あまり対策にはなっていませんでした。なのでこいつをみるために採用するのはあまりおすすめしません。こいつをゲッコウガでみるならステロ絡めて草zとかのほうがいいと思います。

 

【技構成に関して】

f:id:o-kidospoke:20171106125037g:plain

*今回はめざ電、特殊型、珠を確定として構成を考える

確定技

冷凍ビーム・・・ゲッコウガの性能を引き上げるために確定

 

選択技

水手裏剣・・・先制技。ミミッキュの皮とタスキを両方潰せたり、最後のフィニッシュとして優秀。

 

悪の波動・・・ギルガルドメタグロスへの遂行技。

 

神通力・・・メガバナ、ドヒドをより厚くみれるエスパー打点。

 

草結び・・・草4倍にたいする打点にはなるが、今回は優先度低め。

 

ハイドロポンプ・・・火力を意識した技。これも優先度低め。

 

【ダメージ計算】

*今回は珠めざ電のダメージ計算となります。

 

H振りレヒレ
f:id:o-kidospoke:20180122120538j:image

2分の1木の実圏内に入らないくらいのダメージ。

 

H振りアシレ


f:id:o-kidospoke:20180122120709j:image

 

H振りドヒドイデ
f:id:o-kidospoke:20180122120735j:image

こいつに関しては再生力があるが、一回当てれば裏に負担をかける択をつくれる。

 

H振りカグヤ、HD特化カグヤ


f:id:o-kidospoke:20180122120851j:image


f:id:o-kidospoke:20180122120902j:image

特化されていると3発いるが、十分な打点にはなる。

 

H振りスイクン


f:id:o-kidospoke:20180122121006j:image

 

H振りギャラ


f:id:o-kidospoke:20180122121026j:image

勿論確定1発。

 

無振りゲッコウガ


f:id:o-kidospoke:20180122121107j:image

こちらも確定1発。

 

 

【まとめ】

ここまで色々考察しましたが、このゲッコウガの強さに関しては、サイクル破壊性能であると考えてます。それを踏まえて、こいつに役割を与えるのであれば、相手の意表をつき、崩しを行い裏のポケモンを通しやすくするだとか単純にフィニッシャーとしても優秀ですね。ですが、かなりパーティーに合うあわないはあると思います。もし対面以外で使っている方がいらしたら、ぜひ使用感を聞いてみたいですね。

 

質問など→@okidoMawile

 

【追記】

・2018年5月現在最近感じていること

最近TLでいくつかのめざ電ゲッコウガに関する情報を見ました。

  1. Z持ちのめざ電搭載型
  2. 両刀めざ電

 

まず1に関して、

型としては勿論ありだし、否定をするようなこともありませんが、個人の意見としてはほぼギャラピンポイントになっているように感じました。個人としては微妙かなぁと思ったこととしてひとつにギャラドスが最近メガしてくる傾向があるということと、珠でないとみれる範囲が狭くなるということです。ギャラだけをみるのであればやはり草結びの方が良いと思います。

逆にZにして良い点について

回したことはないのですが、多分運用する上では

悪Z>水Z>草Z

かなぁと。

最近グロスゲッコウガ対面でほぼ突っ張られるので、対面で悪Zで吹っ飛ばせる強みだったり、受け出されても、そこから大体のみたいやつをめざ電で葬れる。

 

2に関して、

これに関しても普通にありだと思います。ただ、物理技(ダスト、けたぐり、雪崩、封じ、蜻蛉)などを入れるとなると少し型としてピンポイント気味の採用になるのかなぁと思ったりもしてます。それなら僕としては襷をもたせて行動保証がほしいなぁと思いました。

 

・まとめ

考え方は人それぞれですが、シーズン9にまた使ってみて、やはりサイクル破壊が主な使い方だなぁと実感しました。

というかゲッコウガってポケモン改めてバグってるとはまた思いましたね()