カプ厳選の守り神。

対面厨の日記

【TOP記事】カプ厳選の守り神。

こか・こーらというHNで主にポケモンのシングルレートをやっております。

本ブログでは主にシーズン終わりの構築紹介、単体考察などのポケモンに関することを書いて行きます。


f:id:o-kidospoke:20180403015146j:image


~自己紹介~

シングルレートは6世代のORASの中盤くらい(零度スイクンが解禁されたときくらい)からやってます。ORAS最高1946(幻のシーズン)

SM最高2110(シーズン5)、USUM最高2151(シーズン7)

好きなポケモンクチートガブリアス

よく使う構築はガルーラスタン。

カプ厳選でSM一年間の半分を費やしたことからこのブログ名となっております()

めざ炎レヒレ許すマジ()

 

 

最高達成時の構築

ポケモンUSUM S7使用構築【最高最終2151】めざ電ゲッコウガスタンFINAL ~Unexpected break~ - カプ厳選の守り神。

めざ電ゲッコウガについての記事

【単体考察】めざ電ゲッコウガの強さと役割について - カプ厳選の守り神。

 

@okidoMawile

S15総括

S15お疲れ様でした。 

当初は最終日をやる予定はなかったのですが、前日に19にのったり、そこまでの内容がよかったので潜っていました。

 



f:id:o-kidospoke:20190618064108j:image

パーティーは前期と同様。

http://o-kidospoke.hatenablog.com/entry/2019/04/02/185142

 

 

 

今回は良かった点と悪かった点を分けて書きます。

 

 

(良かった点)

  1. リザグロス、カバマンダに対しての高い勝率
  2. 相手の対策に対しての立ち回り

 

良い点は立ち回りが煮詰まったことによるものが多かった。カバマンダガルドやリザグロスに対しては悪Zゲッコウガを通すことが大きな勝ち筋になっており、選出としては初手でエンニュートで荒らしてから裏でつめる流れになる。

 

 

(悪い点)

  1. 受けミラー、クチート軸に対する回答の不十分さ
  2. ステロを撒かれた時の立ち回り
  3. 運負けしやすいプレイング
  4. 選出負けの多さ

 

 

最終日は2000にのったあとの対戦はなんか噛み合わんし、マッチングでもキツいのばっかというのもあって全く伸ばせずじまいだったのだが、やはり受けに勝てないのが大きな欠陥でした。対策に関しては構築段階でゲッコウガの型をグロウ地面Zにしようとしており、回したのだが、手裏剣がないと構築が崩れたりもするので断念していた。結果悪い方向にいったのでここは反省。

 

 


f:id:o-kidospoke:20190618065633j:image

2期連続で2000ではありますが、構築としてはやっぱ未完成って感じなので、動かすかは置いといて考えてはみたいですね。 

来期は多分やるので、しっかりと時間をかけられたらよきですね。

Z,珠運用におけるめざ電ゲッコウガの双方の特徴

シーズン9ぶりにレートに本格的に潜って、よりめざ電ゲッコウガに関して考えられたのでメモ程度ですが書いていきます。

 

 



f:id:o-kidospoke:20190418023844j:image

・Zと珠での違い

前提としてZと珠ではどういう風に違うのかをまずは使ってきたた経験から考察します。

★Z

①特定のポケモンにZでの役割遂行が可能になる。(下から攻撃を貰わずに突破しやすくなる。)

例:悪Z→ギルガルドグロスメタになる。

     水Z→リザXなどが一撃になり、他のポケモンに対しても汎用性が持てる。

 

②体感めざ電がバレにくい

特殊Zを見せるとどちらかと言うと結びやめざ炎を警戒されることが多く、見えない打点として刺さりやすい。例えば悪Zなんかでガルドを倒したあと、ギャラが出てきた場合かなりメガされることは少なかった。

 

 

ドヒドイデ絡み、レヒレ絡みのサイクルを崩しにくくなる。

やはり珠をもたないと火力がより足りない。自分は控えめにして火力をあげてはいたが、それでもステロ介護なんかがないと難しいので、珠よりかはその系統のサイクルに対して崩し性能が落ちる。

 

 

★珠

①高耐久水入りのサイクルを崩しやすい

ドヒドイデスイクン、レヒレ絡みのサイクルにおいて1回崩せると勝ちに繋がるケースが結構多い。ドヒドイデはHふりだけであればヘドロ込みでも2発突破が見込める。ただ、再生力で回されるケースもあるのでそこは注意。

 

 

②読まれやすい

珠と分かると相手にもめざ電があるかもしれないと警戒されやすい。妙に変な択が生まれることが結構あった。

 

 

③珠による弊害とめざ電がバレたとき

例えばドヒドイデに対面からめざ電をうって突破できる~みたいな考えはほぼ通らない。バレると再生安定になってしまうところが弱い

 

 

④単純に火力が高い

めざ電を押し付けた後の制圧力はかなり高い。相手が引っ込む読みで他の技で殴れるとかなりリターンが高いことが多い。

 

 

 

◎実際のめざ電を刺したい時の動き方

★珠

例1:

自分→ゲッコウガ@2

相手→ドヒドイデ、グライ@1(ゲッコウガに弱め)

 

○ゲコグライ対面

自分→めざ電

相手→ヒトデ下げ

→ヒトデ体力4割程度→次にめざ電か裏読み別の技の択

 

実際これのループ。珠の場合は択に勝つとそのままこちらの裏で制圧する動きがとれるようになる。ただし、スリップダメ(毒、火傷)が入ってしまうと不利なサイクルになっていく。こちらは毒々、熱湯火傷に細心の注意を払ってうごくことをこころがける。

 

 

例2:

自分→さっきと同様

相手→グロスヒレ@1

 

先に説明すると環境変化によってあまり初手からは安定はしない。

 

 

○ゲコグロス対面

自分→あくのはどう、めざ電の択

相手→振り方、技構成によって変化

→レヒレ読みめざ電が通るとイージーWin。

→通らないと相手の技次第でこちらが不利。

 

が、珠であれば1回でスカーフレヒレ以外は確実に崩せる。

 

 

 

★Z

例:

※今回は悪Zでの想定

自分→ゲッコウガ、理想はステロ撒き@1

相手→ドヒドイデ、グライ@1

 

 

○ゲコグライ対面

さっきと同様に交換読みめざ電

ドヒドイデ(Hふり)体力60%程度→悪Z安定だが、ヘドロ込みだと怪しい、トーチカがかなりキツイ。単純にZ警戒行動がキツくなってくる。

 

ドヒドイデ(HDベース)体力70%→ステロがあれば悪Zも視野

 

 

こんな感じで安定しにくい。そもそもドヒドイデもH振りだけはかなり減ってきているイメージなので、Z運用だとステロがめちゃくちゃ欲しくなる。ちなみに控えめだとステロ+めざ電+悪Zが乱数で落ちるようになる。(多分ノマZだとかなりいい乱数で落ちる。)なのでZはどこでZを切っていくかが重要。そもそもゲッコウガだけでみるのは無理もあるのでゲッコウガの役割を明確にしていくことが重要である。例えば今のグライドヒドイデならめざ電読みでグライを出された時にグライを落としたいという役割ならドヒドイデを1回引かせることが出来ればいいということになる。

 

 

◎まとめ

どちらの型も結構使い込みましたが、どちらも一長一短です。高耐久水を崩したいという考えのもとであれば珠がやはり崩しやすいです。ただ、Zでも工夫を加えてやればいくらでも崩しになりうるし、Zにしか出来ないと思われる崩しもあるのでパーティーに合う方を採用していきたい。

 

 

……てなわけで久しぶりにめざ電ゲッコウガに触れた記事でした。掘り下げるとキリがないので今回はここらで…!

 

 

S14 最高2030最終2029 未完成ラキムドーマンダ

まずはシーズンお疲れ様でした。僕にとってはリハビリシーズンとして始めたシーズンだったのでポケモン全く分からんって感じでしたが、なんとか2000に行けたので書いていきます。

 

 


f:id:o-kidospoke:20190401223855j:image

《構築に関して》

選出、プレイングに関して考えていくことはまずどういう風に勝ちに行くかしっかりとルートを考えていく。展開を予想した上で何を通すのかを考える。

ラキムドー+高速アタッカーによるサイクル⇔攻めのスイッチ、ゲコミミマンダによる対面選出、エンニュートを絡めた選出……と基本選出というよりは刺さりの良いポケモンを通す選出をすることを意識し、ボーマンダゲッコウガミミッキュを最終的には通すことを考えていく。

 

 

《個体紹介》

 

f:id:o-kidospoke:20190210220654p:plain
ボーマンダ@メガ石

性格:無邪気

実数値:171(4)-185(160)-151(4)-152(92)-99-189(252)

技構成:捨て身タックル  流星群  大文字  瓦割り

備考:

*実はORASの調整なのでよく覚えてない()

・Hふりカグヤを大文字で確定2

・Hふりクチートをゴツメ2回+大文字でほぼ確定

 

 

 

役割破壊、エースとして両刀マンダを採用。ステロからの展開を考えて恩返しではなく火力重視の捨て身採用。捨て身にすることでステロ1回でABミミッキュ、耐久ふりテテフをみれたりもするので外せなかった。

瓦割りに関してはバンギピンポイント。地震がなくて困ったことが1回もなく、わざスペが余ったということもあるが、重いバンギ絡みのサイクルにかなり強く出れるようにカスタマイズした。

 

 

f:id:o-kidospoke:20190402152240p:plain
エンニュート@スカーフ

性格:控えめ

実数値:143-✕-80-179(252)-81(4)-169(252)

技構成:オーバーヒート  ヘドロウェーブ  めざめるパワー氷  毒々

備考:

*特性:腐食

・オーバーヒートでHふりグロス確定1

・同上のHふりガルド"ほぼ"1発()

・無ふりテテフをヘドロウェーブで最低乱数以外落とせる

 

 

最初は単に使いたくてオモチャ枠で使っていたが案外強かったのでそのまま採用。何匹初手コケコを潰したか分からんくらい潰した。型としてはスカーフは読まれやすくはあったり、崩しにもなり得る毒も採用。こいつの毒は鋼や毒タイプにも通るので、ヒードラン、毒ガルド、ドヒドイデに刺して裏でみていくということが可能になる。

役割としてはコケコを初手で潰す(スカーフは知らん)、初手に来やすいゲンガー、霊獣ボルトを削って裏でみれるようにするというのが具体的なところで、スカーフとしてストッパーやスイーパーも出来た。

痛い所としてはステロや火力だが、それを差し引いても良い役割を担ってくれた。スカーフ枠としての評価はまずまずであるとは思うが、バレるまでは割と動かしやすい。

……後よく気になってたんですけど、なんでグロスとか突っ張ってくるんですかね、舐められてるのかな、いや確かに火力ないけど()

 

 

f:id:o-kidospoke:20190210220829p:plain
ラッキー@奇石

性格:図太い

実数値:325-✕-62(252)-✕-157(252)-71(4)

技構成:地球投げ  卵産み  毒々  ステルスロック

備考:

多分テテフのショック二耐えまでふったほうがいいかも。

 

 

特殊受け、ステロ撒き。ラッキーの扱い方次第で勝敗きまってもおかしくないくらい鍵になるポケモン。基本毒、ステロを撒きながらサイクルしていくがどこからともなく役割破壊や挑発がとんでくるので様々なケースを想定しながら立ち回る。

 

 



f:id:o-kidospoke:20190210220833p:plain
エアームド@ゴツメ

性格:腕白

実数値:170(236)-211(252)-✕-90-93(20)

技構成:アイアンヘッド  羽休め  挑発  吹き飛ばし

備考:

・ミラー、クチート意識の20ふり。もう少し上げてもいいかも。

 

 

 

物理受け、未完成ポイント。ムドーに求めたのはゴツメによる削り。最終的にはこの構成になったが、間違いなく諸説。理想は最低限の物理受けをしながらZをもつことなのだが、グロウガルーラが無理になるので断念。基本グロウガルーラに対してはムドーと大体相打ちになるので、しっかりと裏で色々ケアできる選出が必要だった。ゴーリの身代わり、バンギを意識したアイアンヘッド、起点回避やバトンへの吹き飛ばし、カバやカビに刺さりやすい挑発で最終的には落ち着いたが、変えるならこの枠。

 

 

f:id:o-kidospoke:20190402152520p:plain
ゲッコウガ@悪Z

性格:控えめ

実数値:147-✕-87-170(252)-92(4)-174(252)

技構成:水手裏剣  冷凍ビーム  悪の波導  めざめるパワー電気

備考:

*特性:変幻自在

(めざ電に関して)

・Hふりドヒドイデ、レヒレ→ステロ+めざ電×2

・Hふりドヒドイデ→ステロ+めざ電+悪Z(確定)

ゲッコウガ→ステロ+抜群めざ電or抜群めざ電+手裏剣(確定)

 

*仮にドヒドイデがD寄りであってもステロと相手の持ち物次第ではいい勝負ができる。

 

 

アイデンティティ…と言いたいところだが今回は補完で入ってきたポケモンギルガルドを仮想敵とした悪Zで採用。どうしても毒ガルドや剣舞ガルドと重くなってしまうので、相手の甘えた居座りを仕留めに行く。カバマンダガルドに強めだったり、一貫性を作ったときはとても強いのでこのポケモンを通すことも意識していた。

《今回のめざ電の役割、特徴》

・ステロと悪Zを絡めることで、珠と同じくらい役割を果たせる。

・珠でないので警戒されにくい。

・火力不足なので控えめでの採用。

・最速でないので蛇睨み透かしなどができない。

 

対象→レヒレドヒドイデテッカグヤスイクンアシレーヌなど

 

最速マンダや最速グロスに抜かれるが初手は突っ張ってこないやろみたいな感覚で使ってた。(最速マンダに初手対面恩返し、2敗)

 

 

f:id:o-kidospoke:20190210220844p:plain
ミミッキュ@襷

性格:意地っ張り

実数値:131(4)-156(252)-100-✕-125-148(252)

技構成:じゃれつく  シャドークロー  影打ち  剣舞

備考:特になし

 

 

ステロをよく撒かれるのが気になるがそれ以上にZ2枚構築が嫌いなのでストッパーやスイーパーとして期待できる襷ミミッキュを採用。ジャラの一貫切りや襷であることから普通にサイクル参加させることも可能なので多分Zよりも動かしやすいと思う。

 

 

 

 

(構築の主な動かし方について)

①カバマンダガルド

ゲッコウガを通す。コケコ入の場合はエンニュートで潰してからミミッキュをクッション、ストッパーにしていく。

 

②カバリザテテフ

できるならステロを撒いてマンダを通しに行く。テテフへの介護としてミミッキュを出すことが多め。

 

③受け系統

キツさしかないが、ラキムドーでステロを蓄積させながら高速アタッカーを通しに行く。挑発グライとかがいるとお通夜。

 

④ギミック系統

分かりにくいものに関してはムドーの吹き飛ばしでお祈り。雨はほぼ出てこないので裏選出を意識して選出していた。

 

⑤"ゴーリ"

まずCが嫌なタイミングであがったり、ムドーが凍ると詰み。ステロ+マンダ捨て身で一応落とせるので吹き飛ばしで流しながらラス一にゴーリとラキムドーが対面しないように頑張る。

 

⑥ランドのステロ展開

絶対に撒かれたくないのでエンニュートのめざ氷2回で沈めに行く。ちなみに岩石急所で何回か死んでった()

 

 

 

《キツいポケモン、並び》

ガオガエン

唯一切ってるポケモンゲッコウガが打点が乏しく、ラキムドーはボコられるので無理。

 

②ゲンガー

メジャーなところだが明確に強く出れる駒がいない。基本的には初手にきてくれることが多いので、エンニュートのオバヒ+先制技のルートをとる。

 

 

③ステロ+カビ

かなり立ち回りがキツい。ゲッコウガで崩せないので、ムドーで上手く立ち回りたいが欠伸や明確に勝てない駒が相手にいるはずなので厳しくなる。

 

④挑発グライ

自分でも使ってたのでよーく分かるのだが、めちゃくちゃ厳しい。グライ+ドヒドイデ、ポリ2くらいならゲッコウガでゴリ押しが効くが、ラッキーが絡んでた瞬間もう無理。

 

 

 

 

《成績》

TN:Bolero☀️Fire☀️、LonLon💤Milk💤


f:id:o-kidospoke:20190402090619j:image

*画像は最終(最高は撮ってなかった)

 

 

本当に覚えてないくらいのれてなかったというかポケモン触れてなかったので普通に嬉しかった。この構築で何より良かったのがとても勉強になったことですかね。ほぼ対面しか使ってこなかったので、ラキムドーを使う上で嫌な行動とかこうするのがいいとかこれからに活かしていけそうです。構築自体はポケモンあんまやってなかった時期から考えてたもので、たまに動かしたりはしてたのですが、もっと煮詰められそうだなぁとは思いました。

実は長い期間レートあんま触ってなかったことで良かったこともあって、マジでポケモンでキレることがほぼなくなったw全然ストレスなくできてとても楽。

来季はやるか未定どころかこれから新作出るまで7世代やるかも怪しいですが、また気が向いたらやろうと思います。久しぶりにポケモン楽しかったです。

 

 

どうでもいいけど時オカっていうゲームやっぱ神だとおもうんですよ


f:id:o-kidospoke:20190402122110j:image


f:id:o-kidospoke:20190402122125j:image

 

 

 

 

 

 

 

僕が使ってきたガルーラの型について

自分がいままで7世代使ってきたガルーラの型一覧(覚えてる範囲で)

※訳分からんのが何体も含まれてます。

 


f:id:o-kidospoke:20190115085654j:image

 

①陽気ASガルーラ

猫捨て身

(不意、れいパン、ほのパン、地震、)

 

極めてオーソドックスな型。S2とかは猫不意使ってたし、ほかのシーズンでもASガルーラはよく使ってた。

 

 

②最速猫グロウガルーラ

猫、恩返し、グロウ、れいパン

 

7世代のグロウガルーラを使ってた時にこいつもうちょいはやければ、リザとかにもワンチャンあるなぁと思ったときに採用した。猫みせるだけで、グロウをよく切られるので、奇襲にも向いていたが、なんせ火力足らん()

 

 

③HASグロウガルーラ

グロウ、不意、捨て身、ほのパン

 

今のテンプレのグロウガルーラの構成で、Sをかなり引き伸ばした型。(準速ミミッキュ抜き)

耐久は少し落ちるが、なんとしてもあの頃はミミッキュに抜かれたくなかったんだと思う、うん。

 

④せっかちCSガルーラ

猫、捨て身、れいび、放射

 

最高レート行った時のガルーラの型。カバリザに強めで、非接触、威嚇無視できるところが強い。最低限の削りを重視していたので、火力にはあまりこまらなかったが、多分メインで使うのは厳しい。

 

 

⑤寂しがりCSガルーラ

猫、捨て身、ビーム、地震

 

あまりにもガルーラにゲンガーやガルドが後出しされるので、少しAを上げて、地震で対応することにした型。

よくゲッコウガとの対面で裏読み地震とかやってたけど、今じゃそんなことできなそうw

 

 

⑥ACベース勇敢両刀ガルーラ

捨て身、ビーム、放射、地震

 

トリルメインで動かそうと考えた型。両刀ガルーラの僕の理想が猫捨て身ビーム放射地震が完備されたガルーラであり、どれを切るかといわれれば猫かなぁと思い、切ってトリルでもするかーとか考えてた型。

 

 

⑦HC両刀カウンターガルーラ

猫、捨て身、ビーム、カウンター

 

S9あたりにいつもの両刀ガルーラで最終日を戦ってた時に、あまりにもグロスばっかで、それに怯ませられ続けて負けまくったので、グロスをワンパンで沈められるガルーラを作った。

この頃は相変わらず、ビーム信者だったので、もはやビームを外す気がないことがみてとれる()

 

 

⑧HCベースグロウビームガルーラ

グロウ、ビーム、ほのパン、捨て身

 

ビーム撃ちながら、崩しもできたら強くね?みたいな思考から開発。

実際こいつはそこそこ強かった記憶がある。

 

 

⑨猫不意HAベースガルーラ

猫、八つ当たり、不意、ほのパン

 

久しぶりにまともなガルーラ。どっかのシーズンの初めにガルランド使っててそれで使ったような気がする。普通に強い。

 

 

⑩毒ビームガルーラ

猫、捨て身、毒、ビーム

 

一番直近で使った型。ガルクレセを使ってた時に、ガルも毒撃てれば面白いなぁみたいに考えて採用。

うん、確かクレセにしか撃たんかった、うん。

 

 

うん、後半ほとんどビームもってたね()

 

 

結論、

僕は最速ガルーラしか使えん。

ちなみにこれ以外にも訳分からんガルーラがいますが、ほとんどボツなのであとは察してくれ()

シュカコケコ調整案

今回は単体考察とメモも兼ねてのものです。

僕がレートをS10~13でたまーにやってた時にずっと入っていたコケコの調整案になります。

 

 


f:id:o-kidospoke:20181213112019j:image

  • 臆病
  • @シュカの実
  • 努力値159(108)❌-115(76)-131(124)-96(4)-192(196)
  • 技構成

10万ボルト

ボルトチェンジ

草結び

目覚めるパワー氷

(他候補)

挑発、瞑想、蜻蛉

 

★耐久ライン★

※シュカ込みの計算になります。また、物理方面が主になります。

  • 特化霊獣ランドの地震→106~126(ステロ込み確定耐え)
  • 特化マンダの一舞地震→106~125
  • 同上の2舞おんがえし→129~152
  • 特化メガバシャのフレドラ→136~162(補正なしは確定耐え)
  • 特化メガグロス地震+バレット→71~84+55~66
  • 無補正特化メガミミロップの猫+おんがえし→37~45+94~112
  • 無補正特化メガギャラの一舞たきのぼり→121~144

 

★火力ライン★

~草結び~

 

~めざ氷~

  • H振りランド→120~144
  • 無振りマンダ→120~144
  • HDグライ→88~104(こういう意味で瞑想が欲しいことがある)

 

~10万ボルト~

 

★役割★

シュカコケコ自体は前から一定数存在しているが、このコケコは耐久を厚めにふることによって対面性能を引き上げた形にしている。ここまで耐久にふる利点として、ストッパーになったり、初手に出す時の性能が格段に上がる。

役割としては初手での様子見、地面勢との対面での安定行動、ボルトチェンジからの有利対面を作る、カバのあくび展開阻止、ストッパーなどなど多岐にわたっていて個人としてはとても使いやすかった。

反面、崩し性能はZに比べて劣るので、火力が足らず……ということは多々起こるので、実は瞑想が欲しかったりもする。

今流行りに流行っているゲッコウガ対面は、まぁ勿論難しいのですが、僕は1番に襷激流警戒でよく草結びから入ってました。(襷ダストとスカーフダストによくボコられたけどもw)草結びだといい感じに激流圏内に入らず、運が悪くない限り熱湯又は波乗り+手裏剣は耐えていたイメージでした。

 

 

………と言うわけでくっそ久々のポケモンを前面に出した考察でしたw

 

そろそろまたレートにも頻繁に潜れる目処がたつかもしれん(フラグ)

そしてやっぱり対面思考なんだよなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

シーズン9 めざ電ゲッコウガスタン 最高2068

最終日お疲れ様でした👍

今回は少しだけ努力値変更があったのでそいつと一匹ずつ軽く紹介します。

後は今シーズンについて少し書いて行きます。

 


f:id:o-kidospoke:20180515020341j:image

一応並びとサムネイル用。

詳しい型など↓

 

http://o-kidospoke.hatenablog.com/entry/2018/01/23/200606

 

 

・両刀ガルーラ   せっかちCS


f:id:o-kidospoke:20180515023132j:image

猫捨てれいびほうしゃ

 

こいつに関しては相変わらずささるパーティーにはとことん刺さった。やはりミミッキュを通す上でカバやランドが邪魔なので通せたときは勝ちやすかった印象。ただアムハングロスが大量発生していた感じがあったのでそこだけ注意してました。(せっかちだと陽気でもとぶ可能性がある)

 

 

メタグロス   陽気AS


f:id:o-kidospoke:20180515023148j:image

アイヘ アムハン 雷パンチ 毒

 

こいつに関しても崩しとしては十分な働きができた。流行っていたミミロップ軸のパーティーに今シーズンはよく投げた気がする。

 

 

グライオン 毒玉 慎重HD


f:id:o-kidospoke:20180515023242j:image

地震 ギロチン 羽 挑発

 

相変わらずオタクサイクルと受けループを担当。エアームドに挑発うって地震で裏から出てくるゲンガーと択やるときが一番楽しいよねw

 

 

・カプレヒレ  水Z

(努力値変更)

 175(236)-×-136(4)-154(196)-152(12)-113(60)


f:id:o-kidospoke:20180515023201j:image

 ドロポン ムンフォ めざ炎 瞑想

 

主にナット絡みのサイクルやポリ2を今シーズンもよくみていた。努力値に関してはミラーに弱すぎたので少しSに回し、火力を落とし、Dラインをメガゲンガーのヘド爆乱数一つきって耐えまで落とした。

 

 

ゲッコウガ 珠 臆病CS


f:id:o-kidospoke:20180515023216j:image

れいび 手裏剣 めざ電 悪の波動

 

主役。今季もよくレヒレ絡みとかを崩したと思う。グロスヒレの並びでほとんどのグロスがアムハンで突っ込んできたので、結構そのならびには通用しなかった。なので今度は分からせるために悪Zに変えるので宜しく()

 

 

 

ミミッキュ 襷 意地っ張りAS


f:id:o-kidospoke:20180515023235j:image

じゃれ シャドクロ 影 剣舞

 

安定の襷ミミッキュ。だが、カバが木の実を持っていて、ガルーラで崩しきれずにステロを撒かれる展開がかなりあったので、ここもあまりよくない点であった。基本はこいつを通すことを考えて選出する。

 

 

・後語り


f:id:o-kidospoke:20180515023327j:image

縦になっちゃってますが最高2068

今シーズンに関しては詰めが甘かったかなぁっていうのが一番の反省点ですね。後は環境を読みきれてないのもよくなかったですね。

まあ終わってしまったことは仕方ないので今度はじっくり時間をかけてまた上を目指していきたいですね。

 

 

 

 

 

 

USUM S9 めざ電ゲッコウガスタンsecond 【最高2013】

お久しぶりです。今シーズンもお疲れ様でした。

今回はめざ電ゲッコウガからもう一回新しく構築を作ってみようと考え、試行錯誤していました。レートはあまりのびがなかったので簡易的ですが書きます。

 


f:id:o-kidospoke:20180504180053j:image

 

並びはこんな感じ。一見前の構築と差ほど変わりがないようにみえますが、かなり型を違うものに変えて今シーズンは戦っていました。

 

【コンセプト】

コンセプトに関しては前とほぼ変わらず、意外な崩しからのゲッコウガミミッキュを通すというもの。

 

【簡易紹介】

ガルーラ@メガ石 寂しがりCS

メタグロス@メガ石 陽気hAS

ゲッコウガ@命の珠 臆病CS

ジャラランガ@ジャラZ 控えめCS

ミミッキュ@ゴーストZ 意地habs

カバルドン@ゴツメ 腕白HB

 

【個別紹介】

 

ガルーラ@メガ石

性格:寂しがり

特性:肝っ玉→親子愛

技構成:猫騙し  捨て身タックル  冷凍ビーム  地震

備考:

  • 冷凍ビームでH振りカバをほぼ2発
  • 地震でH振りガルドを確定2発、無振りコケコ、H振りゲンガーを乱数1発

 

 

環境に多いポケモンを意識して構成した両刀ガルーラ。前の放射採用のガルーラでは手が届かなかったギルガルド、ゲンガーあたりを意識しての地震採用。また、放射冷ビだと見にくかったASミミッキュを確定2で持っていける。(あまりにもコケコ→ゲンガー、グロス、ガルドみたいなムーブをされることが"なぜか"多かったため)後は安定の猫捨て身と威嚇関係なしにランドマンダにうてる冷凍ビーム。寂しがりにしている理由はAに補正をかけて重めのH振りゲンガーやコケコを1発で持っていける確率をあげるため。対リザ性能を少しでも上げるための準速。今回は裏にゴーストZミミッキュを置いているので最速にやられた場合でも切り返しやすくしていたので最速を切りました。

 

 

 

メタグロス@メガ石

性格:陽気

特性:クリアボディ→かたいつめ

技構成:アイアンヘッド  アームハンマー  岩雪崩  毒々

備考:

 

 

滅茶苦茶欲張った結果のグロス。もはや僕のなかでれいパン切りがテンプレになってしまった()今回はポリ2などを毒で崩す+リザやガモスにも抗えるように雪崩を採用。カバリザなんかにも積極的に出せるようにした。アムハンはナット、ツルギ意識。欲張った代わりに勝てないやつももちろんでて来たので他でカバーするようにはこころがけた。主にマンダ入りのがっつりサイクル回してくるパーティーに出す。

 

 

ゲッコウガ@命の珠

性格:臆病

特性:変幻自在

技構成:水手裏剣  冷凍ビーム  悪の波動  目覚めるパワー電気

備考:http://o-kidospoke.hatenablog.com/entry/2018/01/23/200617

少し前のものですが、最近思ったことを追記したので良ければ見てください🙏

 

 

構築の出発点。こいつでいかに崩すか、いかにフィニッシュをかけていくかを中心に考えていく。前にも書きましたが、こいつの強みはサイクル破壊性能であると確信しているので、少しでも読めそうなら積極的に交換読みを仕掛けます。そしてこれも書きますが、珠が見えるだけでめざ電読みがされるようになってきているので、ギャラをみたければ草結びにすることをお勧めします。

もしかしたら選出画面では激流にみえたかもしれない(あくまでも予想)

 

 

ジャラランガ@ジャラZ

性格:控えめ

特性:ぼうだん

技構成:スケイルノイズ  インファイト  火炎放射  挑発

備考:特になし

 

 

受け系統、フェアリーなし構築又は通しやすい構築に投げていく。きあいだまはあたらないのでインファイト採用。挑発は黒霧、吠える等への回答、範囲を広げる放射での採用となった。通る構築には滅茶苦茶刺さり、かなりイージーウィンできる試合があった。正直能力上がっても火力がないので控えめにせざるを得なかった…

 

ちなみに使い始めようと思ったのはなんか光ってしまったからである()

なんか無駄に派手w


f:id:o-kidospoke:20180507233952j:image

 

 

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

技構成:じゃれつく  シャドークロー  影うち  剣の舞

備考:

  • 特化メガバシャのフレドラを7割位で耐え
  • Aを削っているミミッキュのミミZを大体耐える
  • 無補正メガギャラの1↑滝登りを確定耐え
  • 無振りランドの岩石封じ+地震耐え
  • ラグラージの雨滝登りを確定耐え
  • Sを準速ガッサ抜き

 

 

少しSラインを伸ばしたHABベースミミッキュ。どうしてもHABを伸ばすとガッサに何も出来ないことが多々あるので最低限の耐久を確保し、準速までを上から殴れるようにした。他にSを伸ばす利点としてはHABミミッキュミラーに強くなれること。

Bラインはもう少し落として、Aを11nまでもっていくのもありだが、バシャのフレドラで40%くらいの確率でもってかれるのがあやしすぎて止めたw

ストッパーとしてもよし、フィニッシャーとしてもよし。 

 

 

カバルドン@ゴツメ

性格:腕白

特性:砂起こし

技構成:地震  氷のキバ  欠伸  怠ける

備考:特になし

 

 

圧倒的物理受け。ただ役割としてはかなり選出誘導と型をばれにくくするために活躍していたと思う。カバガルと並べるだけでかなりグロウを警戒させることができ、それを逆手にとる試合がかなりあった。また、単純にジャラの起点、ミミッキュの起点をつくるのにも普通に強かった。

 

 


f:id:o-kidospoke:20180514022252j:image

最高2013。最終日なんとか頑張ります。